中国服とチャイナドレス専門店 水雲間
竹 歩行するパンダ 竹
ホーム > オーダーメイド > ふらりと生地屋さんへ


** ふらりと生地屋さんへ パート1  **
中国でチャイナドレス用の生地が欲しいとき、皆さんはどこで買いますか?
確かに、チャイナドレスを仕立ててくれるお店でも生地は買えます。そのようなお店は大きな街へ行けばいくつもあるし、デパートの中にも入っています。大きなお店に行けば何十種類もの生地があって、そこで生地を買って自分で作るなり、そのままお店で仕立ててもらいます。
では、もっと別の、沢山の種類の生地が欲しい場合はどうすればいいのでしょう?
そう、生地屋さん(問屋さん)へ行くのです。ここでは当店がお世話になっている生地屋さんをちょっとだけ紹介します。
その生地屋さんは、それはもう体育館のように大きなところで、写真のようなラックがずらっと並んでいます。そこに生地が反物のように床から天井まで一杯入っています。素材も化繊、絹など種類も沢山。
あるところには、あるものです。これだけ種類が多いと、いい加減に適当なところで切り上げないと、生地選びは時間がいくらあっても足りません。同じ柄の生地でも何種類も色があり、選んでいると正直どれがいいのか分からなくなってしまいます。生地選びは、いつもヘトヘトに疲れます。

** ふらりと生地屋さんへ パート2  **
生地屋さんへ行くと、とても沢山の生地に出会えます。
下の生地は綿と絹です。素人目にはどれが綿か絹か、判別が難しい。
私もちょっと触っただけでは分からないものが多いのが正直なところ ^^;
絹地にもいろんな種類があり、硬い絹地は綿よりも手触りはザラザラしています。
面白いですね♪
写真をクリックすると、ちょっとだけ大きくなります。